(O+P)ut

頭の整理のために、Slerで働く若手インフラエンジニアが、【 (O+P)ut = OutPut 】していく場です。

【街コン】卓球コンに行ってきた話する?【感想】

先日、初めての街コン(卓球コン)に行ってきました。

f:id:mtiit:20100823192117j:plain

開催場所は、東京都区内ですが、最寄り駅としては乗降人数2万人/日くらいの少しこじんまりしたスポーツセンターのようなところです。*1

まずは、男女比ですが、男性が8人、女性が4人でした。

この時点で あれ? と思ってました。

なぜなら、案内のところには 男女比1:1 と明記されていたからです。

司会進行のお姉さんが、「女性陣は到着が遅れているので、先に始めちゃいましょう」といって街コン自体が始まり、最後まで現れなかったです。
勘を働かせれば、「最初からこの人数で全員だが、あたかも遅刻という体裁をとってるのかな?」とか思えちゃいますが、その辺の真相はわからないですね。この手の運営スタッフの方がこの記事を見ていたら教えてほしいレベルです(笑)

全体の流れとして、

  • 自己紹介タイム
  • 卓球タイム
  • 連絡先交換タイム

です。

自己紹介タイムですが、区切りも何もないところで順番に男女で事前に記入した自己紹介カードを交換しながらお話しする感じですが、なにせ男女比がおかしいので半分の男性はぼーっとしていました。やっぱり男女比をそろえるってのは、街コンだとかなり重要な気がしました。

f:id:mtiit:20170826160007p:plain
(待ってる間は暇というか、苦痛でした。。。)
(私が司会なら、うまいこと男性同士でも話す場を作りますね。)

 

卓球タイムでは、2グループに分かれて進め方も本当に自由に丸投げされました。経験者の割合によっておそらく異なるんでしょうが、1グループは本気で試合をしていて、もう一つのグループではしりとりをしながらラリーを続ける、といった具合です。こういう時に、参加者の雰囲気を感じ取って、こういう風にして遊ぼう~って決めれるリーダーがいるといいですよね。ちなみに、男性8人のうち経験者は6人、女性4人のうち経験者は3人でした。割と多くて意外でした。

そして最後の、連絡先交換タイムではLINE等々を交換する時間です。趣味コンのいいところかもしれないですが、同性とも仲良くなれて、むしろそっちの方が収穫だった気がします。一応、気になった人に連絡先を渡すための用紙は用意されてましたが、皆さんスマホを片手に自由にやっていました。少人数ならではって感じがしました。

 

さて、個人的な総論ですが、、、

次はもう少し人が集まりそうな場所での開催地に行きたい です。

やっぱり少人数すぎると、異性でタイプの人がなかなか見つからないですよね。街コンのいいところは、直接連絡先をぐいぐい聞きに行かなくてもスタッフを通して後でこっそりってのができるところだと思うので、まずはそういう人が現れるためにも分母は必要だと思っちゃいました。男女ともに、20代が半数、30代が半数といったところで、個人的には非日常な集まりに楽しめました。解散した後も、ごはんを食べに行ったりして本当に新しい友人ができたような気持ちです。

 

ただ、男女比問題があったので、次回からはこの運営会社さんのは避けてみようかな?と思ってます。別に発表してもいいんですが、一度の出来事で批判めいたことを書くのもどうかと思うので今回は伏せておきます(笑)

 

街コンへの参加を検討している方は、ご参考ください!

 




 

 

*1:例えば、新宿は80万人/日くらいで、宇都宮駅が4万人/日くらいです。