(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = OutPut

【超絶入門】ブートIPとサービスIPの違い【PowerHA】

PowerHA(HACMP)のような、冗長構成をとるシステムでたまに出てくるワードですね。 

これらの違いを簡単に記載しました。

  • ブートIP(boot IP)

ネットワークインターフェイス上のアドレス。いわゆる、普通のアドレス。

  • サービスIP(service IP)

英語の記事などではmovable IPなんて書かれることもある、クラスタ上で活きているIPアドレスとなります。実体というより、aliasみたいなものです。クライアントは、基本的にこのIPアドレスに接続します。



イメージは下記です。
f:id:mtiit:20180207192730p:plain

1号機と2号機があり、PowerHAのような可用性を高める構成をとっていた場合を考えます。
左側の1号機のIPアドレス(boot ip)をA、右側2号機のIPアドレス(boot ip)をB、それらのサービスIP(service ip)をCとします。

両号機が活きている場合、接続先をCとすると1号機に接続します。一方で、1号機がダウンした場合、同じくCに接続を試みると自動的に2号機に接続できます。もちろん、接続先をA、Bと指定することも可能です。

技術書には下記のように記されています。

In the event of a failure, PowerHA 7.1.3 can take corrective actions, such as moving specified resources (service IP addresses, storage, and applications) to surviving cluster components in order to restore application availability as quickly as possible.

要は、PowerHAの機能で、片系が落ちたら service IP を移動させるよ と言ってます。

アプリケーションなどが、接続先のサーバーが活きているか否かを気にしなくてよい仕組みなんだな、とぼんやり記憶していればまずは十分かと思います。詳細は、技術書を参照してください。