(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = OutPut

【超絶入門】マイクロLEDと有機ELの違い

f:id:mtiit:20180218033611p:plain

巷で話題の マイクロLED(Micro LED)について、分かりやすく説明する記事を書いてみました。
マイクロLEDディスプレイなんかも、ニュース記事なんかで目に付く機会が増えてきました。

まずは、前提知識として、液晶ディスプレイと有機ELの違いを簡単に説明します。

ここの違いは明確で、液晶ディスプレイにはバックライトがある です。


f:id:mtiit:20180218023408g:plain

カラーフィルタとバックライトの間に液晶を挟み、透過する光を制御することで各ピクセルの色を表現します。


逆に、有機ELは自家発光する有機材料を用いて色を表現します。よく言われる有機ELのメリットは以下の2つです。

1. バックライトが不要
→ これにより、薄型化・軽量化が可能となります。

2. コントラスト比(一番明るい色と一番暗い色の差)が高い
→ 液晶でもすべての光を遮れば黒色は再現できますが、どうしてもうっすらと白みがかってしまいます。有機ELだと、素子の発光を止めればいいだけです。



これを踏まえて、マイクロLEDのディスプレイとはどのようなものなんでしょうか。



マイクロLEDディスプレイは、その名の通り
マイクロメートル単位の小さいLEDを敷き詰めたディスプレイです*1


f:id:mtiit:20180218031015p:plain
MicroLED Pits Big Apple vs. Tiny LED Chips | EE Timesより図を抜粋


上の図を見てもらえば分かるように、こちらも発光素子であるLEDにてピクセルを表現するため、有機ELの持つ二つのメリットを実現できます。


あとは、有機ELとの差ですが、発光原理は基本的に同じです。
違いとして簡単に言うとすれば、有機材料を電極に挟めば有機ELで、無機材料ならLEDです



照明としてはよく比較されており、下記のような比較表などは参考になります。
f:id:mtiit:20180218031734p:plain
有機EL照明のしくみ|有機EL照明とは|株式会社カネカ 有機EL照明より図を抜粋



ちなみに、有機ELと比較したマイクロLEDは以下のような特徴として紹介されたりします。 

1. 屋外でもよく見える
→これは、LEDが有機ELと比較して高輝度なことに由来します。

2. 高寿命
有機ELの寿命の短さと比べれば、アドバンテージと言えます。*2

あとは、低消費電力や応答速度なんかも一歩リードしているようですが、やはりコストは液晶ディスプレイや有機ELと比べると高くついてしまうのが2018年の現状です。



以上、マイクロLEDと有機ELの違い でした。ご参考ください。

*1:少しややこしいのですが、LED-液晶スクリーンというのもあります。これは、単にバックライトがLEDというだけで本質は液晶ディスプレイに分類されます。

*2:有機材料は非常にデリケートで劣化しやすいので液晶TVの半分の寿命なんて言われたりしています。