(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = Out + Put >> OutPut

【メモ】WACsについて

f:id:mtiit:20180806144643j:plain
WACsとは、IBMが提供するフレームワークです。WebSphere Application Server (WAS) 周りのドキュメントに目を通しているとたまに出てきます。



Googleで検索してもドキュメントがあまり見当たらないので、簡単にポイントをメモしておきました。
いきなり「ワックス」と言われても、頭でイメージできれば話についていけると思います。

WACs の基礎情報

IBMが提供する開発フレームワーク。数々のJavaアプリケーション・システム構築を通じて培ったノウハウを凝縮

確かに、求人情報の開発環境の中にWACsという用語があったりします。


Web Application ComponentsSの略

「Web Application Components」でGoogle検索をすると、全く関係ない記事で溢れています。2000年代にVer.1が発表されたようですが当時はSEO対策なんて考えてなかったんですかね...
運用構成ツールのChefも同じで何気なく検索すると料理記事がでてきたりします。


JavaTM言語によるシステム構築に必要な機能と支援ツールを統合したアプリケーション基盤。

アプリケーション基盤としての使われ方ですね。WACsの上で個別アプリを動作させます。

WAS , JDK が導入の前提

WASとJDKの上にWACsが乗っており、そのWACsの上にWACsのカスタマイズ部品や共通部品が乗っているイメージとなります。



さっきから出てきてるWASとはなんぞや?という方は以下の入門記事を流し読みしていただければこちらもイメージが掴めると思います。
mti.hatenablog.com


以上、ご参考になれば幸いです。