(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = Out + Put >> OutPut

【ストレージ用語解説】HSM / SCM

ストレージに関する資料を読んでいた時に、HSMSCMというのが特に解説なしで記載されていました。
知っている人は知っている、知らない人は覚えてね といった用語だと思うのでせっかくなのでメモとして残しておきます。何の略か分からない人は、ぜひ目を通して覚えておくとどこかで役立つやもしれません。

HSM

Hierarchical storage management

階層型データストレージ管理

高速なストレージ媒体と低速な媒体との間でデータを自動的に移動させるデータストレージ技術です。キャッシュメモリなんかの意義を思い浮かべるとピンときます。要はよく使うボールペンは机の上に、あまり使わないホッチキスは机の引き出しにしまいましょう~っていう考え方ですね。以下の図で説明されたりします。

f:id:mtiit:20180805180923j:plain



SCM

Storage Class Memory

ストレージ・クラス・メモリー*1

そのままですね。
フラッシュメモリーよりもさらに高速なメモリーとして、挙げられる新世代のメモリーを指すようです。高速メモリーSRAM/DRAM)とディスクの間のアクセス速度に位置しており、以下の図でいうMRAMあたりとなります。

f:id:mtiit:20170512135504j:plain
ちなみに、MRAMとはMagnetoresistive RAMのことで、磁性体の電子のスピンの向きで1/0を管理する機構のようです。

以上です。

*1:SCMはIBMが提唱した用語ですが、どうしてもサプライチェーン・マネジメントが先に浮かびます...