(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = Out + Put >> OutPut

コマンドのみでWASをインストールする

コマンドベースでWASをインストール

タイトルの通りですがポイントは、
外のインターネットに接続しない状況かつGUIを利用せずにインストールします。

閉じたイントラネットでインストールが必要であったり、環境によってはXウィンドウシステム用のサーバをインストールできなかったりとありますので。

ちなみに、WASとは?という方は以下を参考ください。
mti.hatenablog.com


全体として、
インストールマネージャーをインストールし、応答ファイルを用いてWASをインストールする
という流れです。
ネットに同様な状況の手順が落ちてなかったので、後続の方の参考になればと思いメモとして残しました。

このようなコマンドベースでのインストールをサイレントインストールと呼ぶそうです。

環境

動作結果等を記載する環境ですが、UNIXとなります。

# uname
AIX
# oslevel
7.1.0.0

バージョンはAIX 7.1です。

IIMのインストール

IBM Installation Managerをインストールします。

IBM Installation Managerとは、IIMと略されることもある、主にIBM製品をインストールする際の窓口のようなアプリです。
今回は使いませんが、グラフィカルな環境でインストールアンインストール等々を行うことができます。


インストールするために、IIMメディアをダウンロードし、サーバーに配置します。
本環境でインストールした際はagent.installer.aix.gtk.ppc_XXX といったディレクトリ名でした。

その中にCUI環境用のインストールスクリプトinstallc)があるので実行すればインストールできます。*1

# ./installc -acceptLicense
/opt/IBM/InstallationManager/eclipseディレクトリーにcom.ibm.cic.agent_XXXXがインストールされました

こちらのインストールは特に個別な設定は不要です。

WASのインストール

IIMのインストールが完了しましたので、いよいよWASのインストールです。

同様にメディアを配置しますが、WASのインストールにはJava SDKが必要です。
忘れずに一緒にダウンロードしてください。


本環境では、
WASのリポジトリwas.repo.XX.base
Java SDKリポジトリsdk.repo.XX.java8.aix
というファイル名でした。

インストール前の準備

配置が完了すれば、
インストールに必要な情報をを取得します。

/opt/IBM/InstallationManager/eclipse/tools/配下に imclというプログラムがあります。

そして、それぞれのリポジトリの中にrepository.configというのがデフォルトで入っています。

それらを用いて以下のコマンドを打つとリポジトリの情報として出力が返ってきます。

# ./imcl listAvailablePackages -repositories "WASリポジトリのrepository.configのパス" -features -long
com.ibm.websphere.BASE.v90_XXXXX : IBM WebSphere Application Server : 9.0.0.0 : core.feature,ejbdeploy,.....

この結果の見方ですが、後ほど出てくる応答ファイルのタグとあわせて以下のように整理しておきます。

  • offering id=>com.ibm.websphere.BASE.v90
  • version=>XXXXX
  • profile=>IBM WebSphere Application Server
  • features=>core.feature,ejbdeploy,.....

この情報を用いて応答ファイルを作成します。

応答ファイルの作成

応答ファイルとは、IBM Installation Managerを用いてCUI環境でインストールする際に使用するXMLファイルです。

応答ファイルを利用したインストールをサイレント・モードと呼び、コマンドから製品パッケージをインストールできます。

サンプルはネットに転がっていますが、編集するポイントは以下に記載しておきます。

リポジトリロケーションは複数行で記載
<server>
<repository location='リポジトリ配置ディレクトリ/was.repo.9000.base'/>
</server>

としてWASインストールを行うと、Javaが足りないというエラーが出力されます。

# ./imcl input "WASの応答ファイルのパス" -log "ログファイルを作成するパス" -acceptLicense
CRIMA1270E エラー:基本パッケージIBM WebSphere Application ServerではIBMJava...のインストール要件が満たされていません

つまり、sdk.repo.XX.java8.aix も同時にインストールする必要があります

以下のように記載します。

<server>
<repository location='リポジトリ配置ディレクトリ/was.repo.9000.base'/>
<repository location='リポジトリ配置ディレクトリ/sdk.repo.XX.java8.aix'/>
</server>
listAvailablePackagesで取得した情報活用

応答ファイルの の中に先ほど取得した情報を書いていきます。

<install>
<offering profile='XX' id=`YY` version='ZZ' features='AA'/>
<offering profile='xx' id=`yy` version='zz' features='aa'/>
</install>

それぞれ、WASとJavaの情報を記載します。

結果

上記に注意すると、特に問題なくインストールできました。

# ./imcl input "WASの応答ファイルのパス" -log "ログファイルを作成するパス" -acceptLicense
/usr/IBM/WebSphere/AppServerディレクトリにcom.ibm.websphere.... がインストールされました。
/usr/IBM/WebSphere/AppServerディレクトリにcom.ibm.java.... がインストールされました。

インストール後にバージョン等の情報が知りたければ、
/usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/versionInfo.shで確認できます。
ちなみに、IHS等も同じ流れでインストールできました。

以上です。

*1:Xウィンドウ環境が整っていない状態でGUI環境用のインストールスクリプト(install)を実行すると、アプリケーションエラーになるかと思います。