(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = Out + Put >> OutPut

【入門】ESXiとvCenterの違い

はじめに

本記事では、ESXiとvCenterという用語を始めて聞いたという方を対象に記載しております。

違いの前に、ESXiとvCenterの共通点は、どちらもvSphereの構成要素です。
vSphereというのはVMware社の仮想化ソリューションのソフトウェア群です。

では、以下で違いについて説明します。


ESXiとvCenterの違い

さて、ESXiとvCenterの違いですが、図を見ると分かりやすいです。

f:id:mtiit:20180807155135j:plain
https://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/08/vsphere_kiso01.html

一言で言えば、

ESXiは、物理マシンにインストールするハイパーバイザ(≒OS)

vCenterは、ESXiサーバーを管理するためのソフトウェア


全然違いますね。つまり、仮想化環境を実現しようとした際にESXiがないとそもそも話になりませんが、vCenterがなくてもESXiとしては特に困りません。


ただ、あれば便利で具体的には

ESXiの一元管理(vCenterにESXiを登録するイメージ)
ESXiの冗長化構成(2機用意し、片方が落ちれば自動で切り替わる)
ESXiの移行(vMotionなんて呼んだりします)

ができます。

ESXiサーバーの上にvCenterをインストールできたりもするので余計にややこしいです。上の図は、別の物理サーバーにインストールしているように見えますね。

ちなみに、
独断と偏見で、今まででてきた用語とマイクロソフトの用語を並べてみました。

Microsoft ⇔ VMware (どちらも企業)
Office ⇔ vSphere (どちらも中に構成要素を持つパッケージ)
Windows ⇔ ESXi (ハードウェアにインストールするソフトウェア)
vCenter ⇔ Excel (あれば便利)


以上、ご参考になれば幸いです。