(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = OutPut

【BluePrism入門】Excelからの情報取得

f:id:mtiit:20180822175446j:plain:w60

RPAとして、業務を改善する際には「Excelのデータを取得し、Webブラウザに入力」などなどでExcelが登場することが多いです。

今回は、以下のような
ExcelのデータをBluePrism内のコレクションに代入する流れを説明したいと思います。

f:id:mtiit:20180903165103p:plain



まず、完成図は以下のようになります。

f:id:mtiit:20180903165313p:plain


見てわかるように3つのアクションがあり、この流れとしては、

  1. インスタンスを作成(CreateInstance)
  2. Excelファイルをオープン(OpenWorkbook)
  3. 値を取得しコレクションに代入(GetWorksheetCollection)

です。


インスタンスを作成

まずは、インスタンスです。
アクションを作成し、以下のように設定します。

Business Object Action
MS Excel VBO Create Instance

「Output欄」でhandleという変数を作成し、2・3でこれを引き継いで使用します。ちなみに、handleは数値を扱う変数です。

Inputs Outputs
デフォルト handle File name



■ワークブックをオープン
アクションを作成し、以下のように設定します。

Business Object Action
MS Excel VBO Open Workbook

「Output欄」でWorkbooknameという変数を作成します。

Inputs 1 Inputs2 Outputs
handle File name Workbookname

ここで、File nameに開くExcelファイルのフルパスを入力します。
f:id:mtiit:20180903190717p:plain






■値を取得しコレクションに代入
アクションを作成し、以下のように設定します。

Business Object Action
MS Excel VBO Get Worksheet As Collection

以下のように、1と2で出力してきたOutputと、シート名を入力し、アウトプットに受け渡したいCollectionを選択して渡します。、

Inputs1 Inputs2 Inputs3 Outputs
handle Workbook Name Worksheet Name Collectuon

ちなみに、Collectionは以下のようにしてラベルはExcelファイルと揃える必要があります。

f:id:mtiit:20180903175433p:plain

もし揃っていないと、以下のようなエラーが出ます。

Internal : Collection fields are defined but cannot be matched to the incoming collection - The collection definition does not contain the field Name  

これを実行すると、以下のような形で終了します。

f:id:mtiit:20180903192111p:plain

以下のように値が格納されます。

Collectionの中を見ると、初期値には値が入っていませんが現在値には入っています。

f:id:mtiit:20180903193209g:plain

これで、BluePrism内で別サービスに引き渡したりできますね。

以上、ご参考ください。