(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = Out + Put >> OutPut

【ニュース】ノキアの電力事業進出

電力新聞にノキアの電力事業に関する記事を発見。
ノキア、日本の電力分野に参入。通信網高度化を提案 | 電気新聞ウェブサイト

一部を抜粋しますが、以下のように記載されています。

ノキアは、日本の電力会社に通信網の統合や新技術の導入を提案する。電力分野のIoT(モノのインターネット)化には通信網のさらなる高度化が不可欠。ノキアは日本のメーカーなどとも連携し、電力関連の通信インフラ市場に参入する。
(中略)
ノキアは通信会社に限られていた高速の無線通信を電力会社などが専用で使える「プライベートLTE」と呼ばれる通信網も構築できる。この通信網を導入した米センプラエナジー風力発電所の故障予兆把握に用いて修繕費を9割削減した実績がある。


今回は、ノキアが参入して実績を上げた「風力発電所の故障予兆把握」について簡単に解説します。
f:id:mtiit:20180918162158j:plain



そもそもですが、ノキアフィンランドに本社を置く通信インフラ技術を中心とする開発ベンダーです。2011年まで世界の携帯電話シェアは第1位だったこともあり、携帯の世界では元巨人という存在です。そんなノキアが電力事業を行っているというのは知りませんでした。

そして、ノキアが記事の中にはスペース・タイム・インサイトというアメリカの企業を買収したことが書かれています。この企業は、分析ソリューションの当時の世界大手であり、電力分析を行うソフトを電力会社に提供していたようです。



つまり、ノキアは上記で買収したソフトを使って風力エネルギーのコスト削減を実現した、というのが正しい見方と思われます。
ポイントは、修理コストの低減への貢献です。



今回の対象の風車はネブラスカ州*1にあります。ちなみに、アメリカのいくつかの州は総電力の10%以上を風力発電で賄っているところがあり、ネブラスカ州もまたその一つです。


さて、実は風力発電というのは想定以上の風力は故障の原因となるため発電ができないといったように故障というのがつきまとうやっかいな側面があります。そして、風車というのは騒音問題などもあり人があまり住んでいないエリアに立てられることから、メンテナンスも大変となります。日本でもそれらの背景から海上風力発電なんてものが進められていたりもします。

そして、風車が故障によりダウンをすると、現地に人やクレーンを派遣し修理を行う必要があります。もちろん、メンテナンス中は発電ができないのでそれもまた機会損失となります。
f:id:mtiit:20180918162037j:plain

ノキアは、これを事前に予測し予防保守を行い、それらの費用の削減に貢献した、ようですね。

ノキアのサイトでも以下のように英語で記載されています。
Go beyond predictive maintenance with real-time workforce optimization to significantly lower costs and minimize downtime. Using sophisticated machine learning and prescriptive analytics, Nokia determines the optimal schedule and routing for wind turbine maintenance crews and automatically schedules work orders in your field service maintenance system.
(訳:リアルタイムの人員最適化による予測的な保守を超え、コストを大幅に削減し、ダウンタイムを最小限に抑えます。 洗練された機械学習と規範的な分析を使用して、Nokiaは風力タービンメンテナンスの乗組員のための最適なスケジュールとルーティングを決定し、フィールドサービスメンテナンスシステムの作業指示を自動的にスケジュールします。 )

このような機械学習のソフトと、実際に遠隔監視システムを構築することが可能なノキアの融合で成せるプロジェクトだったのかもしれません。

今後の日本でも電力ビジネスに関しては、少し関心を持ってフォローしたいと思います。

*1:オマハ があるところですね。