(O+P)ut

(O+P)ut

(O+P)ut = OutPut

【超絶入門】AS番号とIPアドレスの違い

はじめに

世界で管理されており、有限なものとして割り当てされ、枯渇問題による対応を求められる。そういう意味ではAS番号とIPアドレスは似ています。

ただ、使われ方や役割は全く違います。

今回はそんな二つの違いについて分かりやすく解説してみました。


違い

ざっくりですが、比較表を記載しました。

AS番号 事業者毎 16bit 不足を懸念し...32bit
IPアドレス ホスト毎 32bit 不足を懸念し...128zbit

ちなみに、どちらもIANAという機関が配布しておりざっくりした数字ですが日本は16bitのASを100個、IPv42億個割り当てを受けています。


AS番号は馴染みが薄い

そもそもですが、AS番号とはAutonomous System Numbersの訳で、BGPといった技術に関する説明で見かけるもののなかなか日常では遭遇しないです。
一方で、IPアドレスに関してはよく耳にしますよね。これには理由があります。

例えば、ホームページを開設してIPアドレスを割り当てて欲しい、と思うケースは世の中に多いと思います。
そういう場合、ISPのサービスを契約して 自分の組織のネットワークを接続してもらいます。その際に、自分の組織の出口のネットワークにはISPから割り当てられるIPアドレスを利用します。

一方で、AS番号は一般的にはIPアドレス指定事業者が申請をするものです。なので、一般の方には馴染みがないのだと思われます。

ただ、インターネット技術を語る上では欠かせない用語なので、なんとなくイメージできてるとよいかもしれないです。

ちなみに以下の図は、ASを含むネットワークの全体像です。
f:id:mtiit:20181006215951j:plain
http://atnetwork.info/ccna1/as04.html より図を抜粋

以上、ご参考ください。